トヨタ 86(ハチロク)は、トヨタとスバルの共同開発で誕生したスポーツカーです。

トヨタ 86(ハチロク)は、トヨタとスバルの共同開発で誕生したスポーツカーです。

トヨタ 86(ハチロク)は、トヨタとスバルの共同開発で誕生したスポーツカーです。
特徴は、小型・軽量・低重心・低慣性にあります。AE86の流れを汲むのも確かで、かつてAE86を愛した世代、さらにその子世代にも受け入れられるようなコンセプトで開発されたのです。
小型スポーツカーということで、直感ハンドリングFRとして走る楽しさを追求するスタイルは、まさにAE86の精神を受け継いでいます。
86という名前を継承したのも、「自分だけの1台を楽しみながら育てる」「お客様とともに進化する」というかつてのハチロクを引き継ぐ形だからこそですね。
トヨタ 86はトヨタが全体デザイン、開発と確認作業をスバル(富士重工)が担当しています。
ボディデザインの特徴は空気抵抗低減、ボディ剛性を追求した超低重心が強調されているところでしょう。
特徴的なのはキーンルックという肉食系動物がモチーフになったフロントマスクデザインですね。
性能については、四輪駆動、ハイパワーターボ、ハイグリップタイヤなどの否定から開発されたことがよく現れています。
スポーツカーとして嗜好性の高さを追い求めた結晶が、トヨタ 86そのものなのでしょう。